気になる!通信制高校の学費

公立高校は非常に安い学費が設定


全日制高校といえば、公立高校と私立高校が一般的です。公立高校は主に都道府県が運営していて、各地域にあります。私立高校は、公立高校より少ないかもしれません。通信制高校に関しては、どちらかといえば私立で運営されている学校の方が知られています。一応公立高校もあり、各都道府県で1校から2校ぐらい設置されています。多くは全日制高校の通信課程として設置されていて、それぞれの地域に住んでいる人しか利用できません。気になる学費ですが、通学に比べるとかなり安く設定されています。入学金が数百円で、単位も単位当たり数百円から利用できます。授業料は年間で考えると1万円から3万円ぐらいで利用できます。その他の費用も含めると、年間10万円かかるかどうかです。


私立高校はピンからキリまである


全日制高校でも、公立高校と私立高校では私立高校の方が授業料などが高めになっています。都道府県によっては、私立高校の授業料の負担をしてくれるところもあるようです。通信制高校でも、私立は公立に比べると高く設定されています。入学金は2万円から5万円ぐらい、授業料は1単位5千円以上が一般的なので、年間で20万円以上するところもあります。普通に高校課程を利用するだけならそれだけで済みますが、それ以外のサービスを利用するともっとかかります。サポートコースが用意されていて、通学が可能になっています。通学がないコースに比べると、さらに上乗せされるようです。サポート校などを利用すると、年間で100万円近くかかるケースもあるでしょう。